当社ではご予算・目的に応じてお選び頂けるよう、数種類の印刷方法をご用意しております

彫刻文字(回転刃方式)

当社で採用している最もスタンダードな印字方法です。表示板に直接彫りこむ耐久性に富んだ印字方法です。レーザー彫刻より安価で、使用できる素材が多いのが特徴ですが、書体は丸ゴシック体に限られます。

金属焼付文字(耐候性アルミ板)

特殊な表面加工を施したアルミ板に文字や線画を焼き付ける印字方法です。耐候性が二十年以上と長く、納期も腐蝕製品よりも短いのですが、モノクロ表現に限られ、またサイズに上限がございます(当社EC角形特大が最大サイズです)

レーザー彫刻

レーザー光線で表層を彫りこんで表現します。従来の回転刃彫刻よりも細かい表現が可能ですが使用できる素材が限られます。

シルク印刷

全く同じ内容を多数印刷する場合に最も安価な方法です。製版代が高価なので、同一表記で大量のご注文の場合のみおすすめしております。

腐蝕文字(ケミカルエッチング)

金属の表面を薬品で腐蝕させて彫りこむ印字方法です。通常は彫りこんだ後に色を入れて仕上げます。文字のみでなくイラストなども表現可能です(カラーは限られます)。現在当社で取り扱っている商品で最も耐候性の長い商品となります。

溶剤インクジェット印刷

溶剤系のインクを用いたインクジェット印刷です。フルカラー印刷が可能で、1枚からの制作が可能です。使用するメディアやプリンタの機種により耐候年数が異なります。当社で標準的に使用しているものは屋外耐候年数3年以上になります。また長期耐候性のメディア(7年以上10年程度)もご用意しております。

ブロックコートプリント

溶剤系のインクジェットプリントの上から特殊なコート処理(ブロックコート)を施します。難燃性で煙草の揉み消しや落書きなどのいたずらに強く、耐候性も10年以上になります。従来のインクジェットシートより高価なため、長期間変更の可能性がない用途でのご利用をおすすめします。

ステンレスホーロー銘板

屋外耐候性、表面硬度に優れた印刷方法です。特殊なステンレス板にホーロー釉を掛け焼き付けたものです。耐薬品性にも優れカラー商品の中では最も耐候性が長くなりますが、当社取り扱いの印字方法の中でも最も高価で制作納期も長いため、史跡の案内などの恒久的な用途にご利用をおすすめします。

ご注文について  個人情報の取扱について